SCROLL
丹波篠山で、つくられ、食べられ三百年
 

 

大粒の黒大豆「丹波黒」は、里山の人々の知恵と工夫が息づく丹波篠山生まれの特産品。

煮豆にすれば、ふっくらつやつや。あの日おばあちゃんが作ってくれたおせち料理を思い出す、どこか懐かしい味。

あわただしい暮らしの中で、ふと立ち止まらせてくれる、そんな瞬間、そんな食材。

三百年以上にわたり受け継がれ、日本農業遺産に認定された「丹波篠山の黒大豆栽培」。その魅力を紹介します。

 

 
ムラぐるみの生産方式を築き上げ、農家同士で種子の交換などを行いながら、“世界一の極大粒”と言われる黒豆の「丹波黒」を作り上げました。今も人々が暮らす茅葺きの家屋、先人の知恵が詰まった肥料作りの灰小屋、稀少なオオサンショウウオが棲むため池など、里山の景観と資源を守り育みながら、丹波篠山の黒大豆栽培は、脈々と受け継がれているのです。
しばしば水不足に悩まされてきた丹波篠山地域。気候や地形のデメリットに負けないよう、集落の人々は知恵を出し合って、稲作をしない「犠牲田」で米以外の作物を育てるように。これが丹波篠山の黒大豆栽培の始まりです。
 

 
丹波の黒大豆の歴史は深く、江戸時代中期に刊行された料理本「料理網目調味抄」では、「くろ豆は丹州笹山の名物なり」と評価され、醤油や酒で煮しめるレシピも紹介されています。長い年月を経て今もなお、「丹波黒」はおせち料理に欠かせない人気食材。一般的に百粒
40
gで極大粒とされる黒豆の中で、なんと「丹波黒」はその倍の
80
g以上。その粒の大きさをはじめ、漆黒の色つや、芳しい香り、素朴な甘さ、そして、ふっくらもちもちの食感が魅力で、高級品として珍重されています。

丹波篠山へのアクセス

京阪神から約1時間

丹波篠山市は兵庫県の中東部に位置し、
神戸、大阪から電車や車で片道1時間程度でアクセスできます。
澄み切った空気と豊かな自然に恵まれた、美しい田園風景が今も残されています。
この自然溢れる丹波篠山に是非お越しください。