SCROLL

波部本次郎と優良種子生産方式

2021.06.01
黒大豆の歴史
Text by 丹波篠山市農業遺産推進協議会

江戸時代、日置村の豪農大庄屋・波部六兵衛は、篠山藩4代藩主・青山忠裕公の命により黒大豆の品種改良に取り組みます。その子、本次郎(もとじろう)は、公営の採種組織がなかった時代に、品質維持や種苗増殖を行う原原種圃(げんげんしゅほ)、原種圃(げんしゅほ)を設け、採種体系を確立しました。

 

明治4年(1871)、特に優良な種子を「波部黒」と名付けて郡内の農家に配布し、栽培を奨励。同時に、北海道を始め各府県の農事試験場や、研究熱心な農家からの種子配布の要請にも応じました。また「波部黒」を内国勧業博覧会に出品し、明治23年(1890)に三等有功賞、明治28年(1895)には有功二等賞を受賞、宮内省お買い上げの栄誉を得ました。明治34年(1901)、波部本次郎は多紀郡農会初代会長に就任。丹波篠山地域の農業振興に取り組み、多紀郡農事試験場を設立しました。

 

黒大豆の多様な遺伝子源の中からの選抜育種は、藩から多紀郡農事試験場、県農事試験場へと引き継がれ、平成4年(1992)「丹波篠山市 丹波黒大豆優良種子生産協議会」の設立に至ります。原原種圃、原種圃の設置、採種農家27軒による種子生産など、官民一体の体制を整備し、毎年およそ7トンの優良種子を生産しています。

 

 

江戸時代からの栽培面積

2021.03.26
黒大豆について
Text by 丹波篠山市農業遺産推進協議会

丹波篠山の黒大豆は、江戸時代中期の寛延年間以降(1748~)、年貢米の代替え作物として藩が奨励し、文政元年(1818)には、43haで栽培されていました。しかし明治維新以降、廃藩により納品先がなくなったことで栽培面積は減少。明治5年(1872)には、わずか1haになったといわれます。

 

この頃、日置地区の大庄屋であった波部本次郎が、優良な種子を「波部黒」と名付けて各所に配布。内国勧業博覧会への出品などで名声を博し、昭和2年(1927)、栽培面積は20haにまで回復しました。

 

ところが、米に比べ収益性が低いため、昭和35年(1960)には10haまで減少し、消滅の危機に直面しました。しかし、昭和46年(1971)から始まった減反政策のもと、江戸時代からの栽培技術が活かされ転作作物となったことで再び栽培面積が増加。令和元年(2019)現在では、枝豆を含めると777haで栽培されるようになりました。

 

 

 

乾田高畝栽培技術

2021.03.26
黒大豆の栽培
Text by 丹波篠山市農業遺産推進協議会

黒大豆「丹波黒」は、畝と畝との間が160cm、畝の高さが50cm以上という、独特な畝に植えられます。一般的な黄大豆の畝の高さは30cm以下ですから、その大きさも特筆です。

 

丹波篠山は水分を含んだ粘土質の水田が多く、大粒の黒大豆を植えた場合、種子が水分を吸収するまでに時間がかかります。そのため種子が腐りやすく、発芽率が低下してしまいます。そこで、溝を掘って水はけを良くする「堀作」という畑作の方法が始まり、やがて畝をできるだけ高くして土を乾燥状態にする「乾田高畝栽培技術」が生まれました。

 

豆類は、同じ畑で連続して栽培すると、収量が低下するなどの連作障害が発生します。しかし、水田と畑地とを定期的に入れ替えたことで、連作障害の回避と収量の確保につながりました。

ほかにも、中耕培土や摘心技術などの栽培技術が先人たちによって生み出され、乾田高畝の技術とともに、良質な黒大豆の生産につながっています。

 

 

江戸時代からの栽培面積

2021.03.26
黒大豆について
Text by 丹波篠山市農業遺産推進協議会

丹波篠山の黒大豆は、江戸時代中期の寛延年間以降(1748~)、年貢米の代替え作物として藩が奨励し、文政元年(1818)には、43haで栽培されていました。しかし明治維新以降、廃藩により納品先がなくなったことで栽培面積は減少。明治5年(1872)には、わずか1haになったといわれます。

 

この頃、日置地区の大庄屋であった波部本次郎が、優良な種子を「波部黒」と名付けて各所に配布。内国勧業博覧会への出品などで名声を博し、昭和2年(1927)、栽培面積は20haにまで回復しました。

 

ところが、米に比べ収益性が低いため、昭和35年(1960)には10haまで減少し、消滅の危機に直面しました。しかし、昭和46年(1971)から始まった減反政策のもと、江戸時代からの栽培技術が活かされ転作作物となったことで再び栽培面積が増加。令和元年(2019)現在では、枝豆を含めると777haで栽培されるようになりました。

 

 

 

栄養価

2021.04.21
黒大豆について
Text by 丹波篠山市農業遺産推進協議会

黒大豆は、タンパク質に優れ、食物繊維やミネラル、鉄分が豊富です。整腸作用や腸内細菌の活性に役立つオリゴ糖、細胞の新陳代謝に必要とされるレシチン、女性ホルモンに似た働きをするとされるイソフラボンなどの成分も多く含んでいます。

 

また、黒大豆は、抗酸化作用を持つアントシアニン、ポリフェノール、ビタミンEといった機能性成分が多いのも特徴です。これらの成分は、動脈硬化やガン、老化の予防、免疫機能の低下抑制に効果があるといわれています。

 

黒豆ご飯も絶品!

煮豆だけではありません。おいしく食べて、健康に。